ロード中...

新着情報

作成日時: 2014/04/19 バイアグラ・レビトラ・シアリスの歴史

バイアグラ・レビトラ・シアリスの歴史
★バイアグラ

バイアグラViagraは、1990年代に狭心症の薬として開発されたが狭心症の薬としての効果はあまり期待できず、被験者から薬を回収しようとしたところ返却を渋る者が多くでて、理由を聞いたら勃起を促進する作用がある事がわかり1998年に米国ファイザー社で販売が開始された世界初のED(勃起不全)治療薬となった。日本では1999年の発売開始しましたが、市販当初は、心臓突然死の原因薬剤との嫌疑をかけられ、敬遠する人が多くいました。 しかし、実際は重篤な副作用はなく、今では安全性を確認されており、全世界で広く処方、服用されています。日本では25mgと50mgが認可となりました。

★レビトラ

レビトラLevitraは2003年にドイツのバイエル社から発売され2004年に正式に日本で認可された世界で2番目にできたED治療薬です。日本では、レビトラ5mgと10mgと20mgが認可となりました。レビトラはバイアグラの欠点を補うように作られ、服用時に食事の制限を受けない。バイアグラよりも早くかつ長く効果がでるようになりました。

シアリス

シアリスは米国のLilly ICOS社によって2003年に発売され、日本では2007年に厚生労働省により認可され製造・販売されたまだ新しい3番目のED治療薬です。

シアリスは日本では5mgと10mgと20mgが認可されています。

シアリスはバイアグラやレビトラと全く違ったコンセプトで作られ、副作用が少なく最大36時間効果が持続するED治療薬です。

※ED治療も大切ですが、万が一の性病の検査も匿名でしておきましょう。